スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Wilier Granturismo】初乗り反省会Best10

<< 初乗り反省会BEST10 >>
1度、たった1度だけ走っただけで色んなことを体験してしまった
自由と実在を兼ね備えしは光宿せし黄金のごとく=GOLD EXPERIENCE

天気は最高!機材も最高!しかし知能はチンパンジー!空っぽのボトルはただの飾りです・・・
RIMG0030.jpg


第10位 【出かける前に空気圧チェック】
地味に空気は抜けている
出かける前は忘れずにチェックしよう、これでパンクのリスクはかなり回避されるかも(模範的解答)

第9位 【慣らし運転】
いきなりの初ライドの前に、少しでも近所をポタリさえすれば色んな発見に気付くはず
(分かってるはずなのに、そんな自分が見えない)

第8位 【プランは立てて行くべし】
考えなしに出るには危険、事故的、体力的、時間的
でないと、初乗りで登りメイン、悪路、行き止まり、激坂、と言う過酷さに・・・ 
(ノープランというプランを立てました・・・)

第7位 【下りの寒さに驚愕】
登りはまったく寒さは感じませんでした
峠の入り口付近の温度は4度、そこからの下りは想像以上のヒエヒエ
上着の大切さを身をもって体験出来ました(真冬はどうなる?恐るべし)

第6位 【クリート調整を舐めてかかる】
調整どうのこうのの前にまずは左右対称を基本スタートで
今回は左足の内側が斜めになってるような感覚でややガニ股気味に・・
左右対称にしないとペダリングに終始違和感あり(5mm調整とか細かいなあと思ってたのも納得)

RIMG0036.jpg

第5位 【クリート脱着予習なし】
乗る前に1度はやっておくべし、最悪事故る まあ慣れの問題でしょう

第4位 【立ちゴケしてしまう&直後にチェーン外れ】
立ちゴケ?冷静さが足らないんでないの!?と僅かに心の奥底で思っていましたが
見事なこけっぷり、とにかく街中でやらかすと極めて危険、そして赤面(2度とゴメンだわwww)
起き上がり後の素早い恥ずかし回避撤退の際に痛恨のチェーン外れ!
その前をコン太の亡霊が知らんぷりで通り過ぎて行きました

第3位 【ボトルにドリンク空っぽで持参】
完全に忘れていた、しかも洗ってないので自販機で補充すら不可
いい大人が1杯の水すら手に出来ないなんて・・・
すぐにコンビニで洗浄&補給と念頭に浮かぶもそれさえも・・・

第2位 【ノーマネーでお出掛け】
困った時はお金で解決、そんな大人力も忘れてしまっては無力、自販機の中心で自分に叫ぶ
「自分のアホォォーォ」小銭とedyカードを入れれるリストウォレットを購入しよう(ダイソーだけど・・・)

第1位 【忘れ物がヒドイ】
これはひどすぎた、数えるだけでも
・ボトルドリンク補給忘れ
・ヌーブラ手ブラ、現金&edyカード忘れ
・携帯充電し忘れ(エネループ付きで持参した)
・ハートレイトモニター(存在すら忘れてた・・・)
・GARMINマニュアル未読(休憩する時とかもずっと放置してたが)
備えあれば憂いなし、敵を知って百戦危うからず
子供じゃないが、寝る前に準備品を揃えておこう、これ確実 

RIMG0040.jpg
次の週末は平地で(無いけど)50kmくらい走ってみようかなぁ
え、今回の初乗りで筋肉痛?なかったんだな、これが
週末にくるかもって?それもうジジィだよw

【外伝】
登りに差しかかるとスグに足の付け根(股のあたり)が、ダルくなって仕方無かったんですが
これは一体どういう症状なんでしょうか?!
単純にインナーマッスルの欠如?お尻の痛みと同じく馴れ?負荷がダイレクトに来る感じ
ご教授願います

しまった、インプレ記事も同時に書くって前回公表してた・・・
パ、PASSカード使います
1回飛ばして下さい、次回って事で・・・
ゴホンゴホン

では また 

重力に魂を奪われた
人差し指をポチっと↓

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

コメント:

さっつん : 2012/04/11 (水) 21:28:18 修正

ポジションかぺダリングの問題では?

基本、自転車は腿で回します。良く聞くように腿の上げ下げを意識してください。

ママチャリのように踏むだけだと、せっかくのビンディングの意味が無くなってしまいますしね。

基本としては・・・


・骨盤を立ててサドルに座る

・腿上げを意識する

・かかとが落ちないようにする

・ハンドルに手は添えるだけ

・背中は伸ばさない


とかでしょうか。

順番としては、とりあえずちゃんとした乗り方を身につけるために、ハンドルを強く握らない、骨盤、背中を意識することから始めると良いと思います。

腿の上げ下げは、引き足をうまく使うため、踏み過ぎないためって言うのが主な理由です。

ちょっとめんどくさい話になるのですが、筋肉には遅筋と速筋がありまして、詳しくは割愛しますが、速筋は大きな力を発揮できる代わりに持久力がありません。遅筋は速筋ほどではありませんが割と大きな力を発揮でき持久力があります。

何が言いたいかというと、用は遅筋を使おうってことなんです。

で、腿の遅筋って言うのが俗にいうハムストリングスです。ちなみに速筋が大腿直筋とか、なんとかかんとか・・・


話を戻しますが、ハムストリングスを使うためには正しいフォームで乗らないといけないんですよね。

それが上記のやつで・・・まだまだありますけどね。

とりあえずはハンドルを強く握らないってところから始めると良いと思います。次が骨盤。

骨盤がちゃんとしてて、ハンドルもそんなに強く握っていなくなってきたらおそらく背中などはほぼきれいなフォームになってると思います。


そんでもって腿で回せるようになってきたらかかともおそらくちゃんとした位置にあると思います。


で、基本的になるべくサドルの後ろに座るようにしてください。

前に座ってしまうと、ぺダリングが踏みがちになってしまいまして、ハムをうまく使えなくなってしまいます。


長くなって、読みづらくてごめんなさい。分かんないことがあったらきいてください。まあ私なんかより、自転車雑誌買ったほうが速いかもです(笑)

Re: タイトルなし Wilier乗り代理見習心得 : 2012/04/12 (木) 23:34:43 修正

>>さっつんさん

なるほど、意識しなさいってことですね。
言われたらカカトが下がってたような気も若干。
ハンドルも手は添えるだけと。
自身で書いてることは適当ですが、理論的なことは実は好きなんです
正しいフォームってのがいちばん難しいんですよねー
修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。